資 料

Appendix

ランボー・ヴェルレーヌ ( R・V ) 掲載リスト


ランボー翻訳・解読


●初期詩編
・みなし児たちのお年玉
センセーション - ボヘミアン
一なるものを信じる… - 太陽と月
太陽と肉体 - もうひとりの神
オフェーリア - 千年の恋
・音楽広場で
・ロマン
・ニーナのご返事
・ウェヌス・アナデュオメネ(海から出ずるヴィーナス)
谷間に眠る人 - グラジオラス
「xxxさん」に、冬を夢見て - キスの巣
夕方5時、みどりの酒場にて - 生ハムのサプライズ
いたずらっ娘 - 桃のほっぺ
・ぼくはボヘミアン(夢想)
盗まれた心臓 - 新兵いじめ
パリ市民の戦いの歌 - コミューン応援歌
(おれの心よ、それがどうした・・・) - 幻のアメリカ
・ぼくの幼稚なガールフレンズ
ジャンヌ・マリーの手 - ペトロルーズ (石油女)
 アンリ-マリー・ムナンの手か?
・初聖体拝領
・七歳の詩人達
・座った奴ら
母音 - ポルノグラフィー
(星はバラ色に泣いた…) - キリスト
酔っぱらった船 - Bon Voyage!

●後期韻文詩編
思い出 - 川と太陽
涙 - オワーズ川
・恥
渇きの喜劇 - 渇きの地獄
 ・1. ご先祖
 ・2. 亡霊
 ・3. 友だち
 ・4. わびしい夢
 ・5. 結論
朝の名案 - ブランデー
我慢の祭 - ランボーの「永遠」
 ・五月の軍旗
 ・最も高い「塔」の歌
 ・「永遠」
 ・黄金時代
・若夫婦
飢えの祭 - メリーゴーラウンド
(おお、季節よ…) - シャトー

●地獄での一季節
*****
悪い血筋
地獄の夜
錯乱 I - 愚かな処女 - 地獄の夫
錯乱 II - 言葉の錬金術
不可能
閃光

永別

「地獄での一季節」解題
「キリスト教との別れ」所見
翻訳について

●イリュミナスィオン
「ノアの大洪水」の後 - ノアの大洪水と虹
少年時代 - おとぎ話
小話 - 巧妙な音楽
客寄せ道化 - 鍵はどこに行った?
古代美術 - 牧神の息子
美しくあること - 愛の革命
人生 - 墓の彼方から
出発 - 「空気が読めない人」から「空気を読ませる人」に
王権 - 1日だけの王と王妃
ある思想に - une Raison
陶酔の午前 - 暗殺者とは
フラーズ - 愛のパロディと花火
労働者 - 同棲時代
「橋」 - 橋のコメディー
都市 - 復讐の3女神
轍(わだち) - サーカスの霊柩車
大都会(1) - 輝く大都会
放浪者 - 衛生的な気晴らし
大都会(2) - アクロポリス
眠れない夜 - 醒めた夢
神秘の - パズル
夜明け - 夜明けの女神
花たち - スイレンとジキタリス
低俗な夜想曲 - カボチャの霊柩車
マリーン - ランボーと海
冬の祭 - イギリス婦人
苦悩 - 女吸血鬼
首都の - ランボーの銀河鉄道
野蛮な - フラッシュバック
フェアリー - 緑の妖精と白い妖精
II 戦争 - これからのことは分からない。
大安売り - バーゲンセール
青春時代 - ソネとアントワーヌの誘惑
岬 - イリュミナスィオン
祈り - 別れの言葉
民主主義 - 帝国主義
並び舞台 - アーケード街のシーン
歴史的な夕べ - 19世紀ブルジョワの魔術
ボトム - ロバ
H - オルタンス
運動 - ランボーと船
魔神 - ランボーのホワイトクリスマス

「イリュミナスィオン」解題

●手紙&ヴィタリーの日記
見える者の手紙 (見者の手紙)
 ・イザンバール宛 - 訳注
 ・ドムニー宛 - 訳注
1872年6月 (ドラエー宛) - 糞っパリ
1875年10月 (ドラエー宛) (最後の詩「夢」)

ヴィタリーの見たロンドン


年 譜


© Rimbaud.KunioMonji.com