Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー エッセイ・私訳

「幸福」、季節と城と

 後期韻文詩篇の「(おお、季節よ…)」は、「幸福」というタイトルの中原中也の翻訳で有名な詩です。1937年発行の中原中也の「ランボー詩集」には1934年刊行のメルキュル版をテキストとしたと書かれています。なお、ベリション版をテキストとしたと書かれている解説もあります。はじめはベリション版をテキストとしたのかも知れません。この訳詩の有名なフレーズ「季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える」について、読売新聞に掲載された記事が、インターネットで紹介されていましたので、私なりに考察してみました。なお、出典は末尾にまとめて掲載しました。

 はじめに、今までの名訳を参考にした、私の私訳です。原文から離れた意訳です。原詩に忠実な翻訳としては、本編の「(おお、季節よ…)」を参照してください。

     幸福

季節は巡り、お城が残る!
とわの命はどこある?

季節は巡り、お城が残る!

みんながやりたい幸福の
魔法をぼくは修行した

コケコッコの雄鶏が
鳴くたび、幸福、万歳だ

だが、もう何もしたくない
幸福まかせの人生さ

この魅力に! 身も心も奪われて
努力なんかしたくない

季節は巡り、お城が残る

なに言ってるか、わかるかい
幸福が、ぼくの言葉を蹴散らした!

季節は巡り、お城が残る!


 私がランボーを原書で読みはじめたことを手紙に書いたら、高校の先輩から「中原中也も読んでください」と返事がきました。私がホームページに翻訳を載せ始めたら、親戚から中原中也の本を送られました。中原中也のランボーの翻訳の場合、とくに「幸福」は、翻訳というより日本人のランボーと言える作品として受け止められている面があると思います。私に中原中也を読むことを薦めた人たちの真意もそこにあると思います。
 ところが、中原中也をインターネットで調べていくうちに、「幸福」の翻訳に関する新しい研究を見ることができました。中原中也の「幸福」の翻訳が、全く同じでないにせよ、元々は小林秀雄の翻訳であったということです。
http://www.kh.rim.or.jp/~matty/chuya/chuya-paper.yakusi.html
 詩の翻訳は、心情でも、情景でも、詩人の描いたものを訳者が自らの感覚で感じなければ訳せません。この作業中に、どうしても翻訳者の個性、感性、思想、そしてその時の文学の傾向が入り込んできます。「幸福」も収められたランボーの後期韻文詩篇は、彼の詩の中でも、とりわけヴェルレーヌの影響下に書かれ、自ら「本能的なリズム(「錯乱 II 」)」と定義した音楽性を有しています。しかし、錯乱を「論理的(見者の手紙)」に行う詩人ランボーは理知的な激情家でもあります。小林秀雄がランボーの散文詩を翻訳したのは、散文詩の方が小林秀雄の理性・感性に合っていたという面もあるでしょう。
 小林秀雄から中原中也に翻訳がゆずられたことが、ふたりの人間関係上のドラマとどのくらい結びついているのか、私には分かりません。私に想像できることは、「地獄の季節」に引用された詩の訳としてはふさわしくないと、小林秀雄が判断したのではないかということです。小林秀雄の「幸福」の解釈が変わったとも考えられます。不思議なことに、ランボー自らが少し手直しして「錯乱 II 言葉の錬金術」に引用したその時点で、この詩は別のニュアンスをまとったように見えます。そして、小林秀雄の新しい訳の方が、「錯乱 II 」の中の「幸福」には合っていたと言えるでしょう。一方、中原中也は、ランボーの後期韻文詩篇の「幸福」の翻訳としての正確さと日本語としての分かりやすさをルビの力で両立させました。彼はランボーの「季節(複数)」に時の流れをイメージしました。しかし、「時は流れる」では原詩から離れすぎるため、ルビに翻訳の創造性を託したのではないでしょうか。「城寨」は、逆に中原中也のイメージした「砦」、「城寨」と意訳され、ルビで本来の「おしろ(お城)」がふられています。
 以下に、小林秀雄の翻訳2点と、中原中也の翻訳を引用します。小林秀雄の翻訳は、「地獄の季節」の「錯乱 II 」の中に引用された詩の翻訳です。(一部の旧字はそのままは掲載できません。ご了承ください。)


● 小林秀雄の翻訳-1(1930年刊行の「地獄の季節」白水社)
注) インターネットに掲載された翻訳にはルビがありませんでした。この翻訳は、「地獄の季節」の「錯乱Ⅱ」をテキストにしています。

季節が流れる、城塞が見える。
無傷な魂が何處にある。

俺の手懸けた幸福の
魔法を誰が逃げよう。

ゴオルの鶏の鳴くがごとに、
幸福にお礼をいふことだ。

ああ、何事も希ふまい、
生は幸福を食ひ過ぎた、

身も魂も奪われて、
意気地も何もけし飛んだ。

季節が流れる、城砦が見える。

幸福が逃げるとなつたらば、あゝ、臨終の時が来る。

季節が流れる、城砦が見える。


●中原中也の翻訳(1937年刊行の「ランボオ詩集」野田書房)
注) イーターネットに掲載する都合上、ルビを( )で該当する漢字の直後に挿入しました。ご了承ください。

      幸福

  季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える、
  無疵((むきず))な魂(もの)なぞ何處にあらう?

  季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える、

私の手がけた幸福の
祕法を誰が脱(のが)れよう

ゴオルの鶏(とり)が鳴くたびに
「幸福」こそは萬歳だ。

もはや何にも希ふまい、
私はそいつで一杯だ。

身も魂も恍惚(とろ)けては、
努力もへちまもあるものか、

  季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える。

私が何を言つてるのかつて?
言葉なんぞはふつ飛んぢまへだ!

  季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える!


●小林秀雄の翻訳-2(1938年刊行の「地獄の季節」岩波文庫)

あヽ、季節よ、城よ、
無疵なこヽろが何處ある。

俺の手懸けた幸福の
魔法を誰が逃れよう。

ゴオルの鶏の鳴くごとに、
幸福にはお辭儀しろ。

俺はもう何事も希ふまい、
命は幸福を食い過ぎた。

身も魂も奪われて、
何をする根もなくなつた。

あヽ、季節よ、城よ。

この幸福が行く時は、
あヽ、おさらばの時だらう。

季節よ、城よ。


 ランボーの原詩の「季節 saisons」も「お城 chateaux」も、冠詞が付けられておらず、朗読した場合は、単数も複数も同じに聞こえます。ランボーは具体的な数量のある時、物ではなく、概念を表したかったのでしょう。中原中也も詩の朗読にも力を注いだ詩人ですから、ルビも読む詩と聴く詩の重奏による効果を意図して付けられたのではないでしょうか。
 今でこそ、カタカナ語としてセゾン(季節)もシャトー(城、宮殿)も日常語になりましたが、ランボーが書いた O saisons, o chateaux を日本語としてイメージが取れ、フランス語の響きも生かすように翻訳することには、なかなか難しい面があります。たとえば、堀口大學は「おお、歳月よ、あこがれよ」と完全に意訳しました。
 まず、「季節(複数)」ですが、これがこの世の時の流れを指しているのは言うまでもありません。ランボーは「地獄での一季節(地獄の季節)」の「永別」で「季節の上に死にゆく人々からは遠く離れ」と書きました。「季節」はここでも複数です。この「季節」という時の流れは、神が与えた土に根ざした地上の営みという概念ではないかと思います。ただし、「伝道の書」に出てくる「天の下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。…(「聖書」(1955年日本聖書教会)」という有名な言葉の「季節」は、英語のバイブル(Holy Bible)では season (単数)ですが、私が調べたフランス語のバイブル(La Bible de Jerusalem)では moment であり saison ではありませんでした。この複数形の「季節 saisons 」は、時の流れですが、この詩では、というか、ランボーの詩や手紙では、地上の時間の概念としても使われているように思われます。これを表すのに、小林秀雄はそのまま「季節」とし、中原中也は「とき」というルビを振り、さらに「流れる」という動詞を送ったのだと思います。小林秀雄は概念としての時の流れ、中原中也は、人生としての時の流れをランボーの「季節」に見出したように思います。同じ翻訳はできませんから、私は地上の営みは季節とともに繰り返されながら流れていくという意味で「季節は巡り」と訳してみました。
 こんどは「城寨(おしろ)」あるいは「お城」です。本編の解説にも書きましたが、この「お城 chateaux(複数)」はどちらかと言えば「宮殿」の意味が強いでしょう。たとえば、フランスでは革命が起こり、王も王妃も断頭台の露と消え、王政は崩壊しました。しかし、絶対王政の象徴であったヴェルサイユ宮殿は残ります。この「お城」という言葉で思い出すのは、島崎藤村の「小諸なる古城のほとり」の「古城」です。「この詩は、ランボーの後期韻文詩篇の「涙 Larme 」を思い起こさせます。この「古城」もランボーの「お城」も、栄華の後に残された城という意味だと思います。なぜ、中原中也は「城寨(おしろ)」としたのでしょうか。小林秀雄は、1930年刊行の翻訳では「城塞」としながら、1938年刊行の翻訳では「城」に取り替えました。中原美枝子氏所蔵の1927年の中原中也の手書き原稿には「砦」と書かれています。「おヽ季節、おヽ砦、/如何なる魂か缺点なき?」となっていて、この時点では直訳的な翻訳をしています。中原中也と小林秀雄の翻訳が入れ替わったような錯覚さえ感じます。中原中也は、この「城寨(おしろ)」を城塞都市と考えたのでしょうか。古城となって残された城の外郭の砦をイメージしたのでしょうか。聖地エルサレムを思い描いたのでしょうか。古代の神殿をイメージしたのでしょうか。しばしば指摘されるように、日本の城と区別するために「城寨」を用いたのでしょうか。残念ながら、分かりませんでした。
 このことから興味をもって中原中也のランボーの翻訳を全集で調べてみました。この「幸福」は意訳で有名ですが、例えば「オフェリア」は、明らかに小林秀雄の翻訳よりも原詩に忠実な翻訳と読めました。翻訳全体を考えても、原詩に近い翻訳が多いように私には思えました。

2002年9月13日、10月8日翻訳・解説掲載、2003年10月26日解説追加

出典:
・小林秀雄の翻訳-1
 読売新聞1998(平成10年)4月21日夕刊/読売新聞社/森 恭彦記者
 宇佐美斉・京都大学教授(フランス文学)の研究
・中原中也の翻訳
 講談社選書メチエ68/中原中也 いのちの声/樋口 覚著/1996年発行
・小林秀雄の翻訳-2
 岩波文庫/地獄の季節/ランボオ作小林秀雄訳/1938年発行

注) 読売新聞の記事は Matty 氏のホームページに掲載されているものを引用しました。
   中原中也の研究をされている Matty 氏のホームページは、
   http://www.kh.rim.or.jp/~matty/

2002年9月14日、10月8日
門司 邦雄

back to index