Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー エッセイ・私訳

続・リセッション

 8月27日のN新聞の社説に、今の世界経済の状態は19世紀後半から20世紀初めに類似しているという記事がありました。どこかで読んだことがあると思い、調べてみたところ、1999年にピーター・タスカ(投資ストラテジスト)が「日本の大チャンス」(講談社)の中で、現在の世界構造は19世紀後半に類似しているという内容のことを書いていました。タスカの指摘による大きな違いは、当時は金本位制だったということでしたが…。

 産業革命が起き、鉄道が普及しても、新しい社会に変わるにはそれなりの時間がかかりました。「だが科学技術の進歩には時間がかかりすぎる。祈りは駆け、ひらめきは轟くのに…」と、ランボーは「悪い血筋」の中に書いています。フランスで鉄道が普及したのは19世紀の中ごろです。映画「太陽と月に背いて(原題Total Eclips)」には、S.N.C.F.(フランス国鉄)の協賛で(ちょっときれい過ぎる)鉄道のシーンがたくさん出てきます。余談ですが、1885年にはダイムラーがガソリンエンジン搭載の木製モーターサイクルを製造しています。時速12キロだったそうです。

 ランボーは「地獄での一季節」の最後の詩「永別(別れ)」の中で「おれたちの小舟は、あの悲惨の港、空にある火と泥で汚れた巨大な都市へと舳先を向ける。」と書きます。そして「徹底的に現代的であること」を自らに課した彼が「夜が明けたら、燃えるような忍耐で武装して」入るのは、「輝く大都会」です。この「都市」と「大都会」はおそらく同じ都市、当時の世界つまりヨーロッパの文化の中心であったパリではなく、経済の中心であったロンドンのことでしょう。「水晶の大通りが、ワインレッドの空に洗われたバラ色とオレンジ色の砂の上に高まり次々に交差する」町であり、「陰鬱な帯状の層をなして重なるスモッグの広がり」と「アスファルトの砂漠」の町でもあります。(「首都の鉄道」/「イリュミナスィオン」)

 ランボーはパリを捨て、パリから追い出されと言った方が良いかも知れませんが、ロンドンに行き、やがてアフリカに行きます。アフリカで新しい土地を探検したり、事業を起こそうとさまざまな実用書をママンに依頼しています。「おれは新たなる地を発見した。新しい事業を起こそうとも努めた。」のでしょう。

 1873年に始まる世界不況(デフレ)の主な原因は、産業革命がある程度行き渡ったことと、新大陸などからの安い農産物の流入とされています。現代のデフレの主な原因は、IT革命がある程度行き渡ったことと、ベルリンの壁の崩壊で始まった社会主義諸国の安い労働力の世界への参入、特に中国の工業化による安い工業製品(と農業製品)が先進国に輸出されていることとされています。

 19世紀フランスで、エッフェル塔と同時期に建てられたサクレ・クール教会は、同時に建設労働者の雇用対策でもあったということを読んだことがあります。1900年のパリ万国博覧会は電力を動力とし、おびただしいイリュミナスィオンでパリの夜に燦然と輝いたそうです。このころ、ヨーロッパでは長い不況(デフレ)が終わりました。

 「砂浜と山々を越えて、新しい労働の誕生を、新しい英知を、圧政者と悪魔の退散を、迷信の終焉を迎えに、――最初の人々として!――地上の「生誕の日」を拝みに、おれたちが行くのはいつなのか!
天の歌、民衆の歩み! 奴隷たちよ、この世を呪うのはやめよう。」(「朝」/「地獄での一季節」)

主要参考文献:
西川正雄・南塚信吾著「帝国主義の時代」/ビジュアル版世界の歴史/講談社

ピーター・タスカ著「日本の大チャンス」/講談社

2001年8月28日
門司 邦雄

back to index