Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ヴェルレーヌ

Colloque sentimental

センチメンタルな会話

ひとけの無い寒々とした古びた庭園で、
人影がふたつ、通り過ぎた。

目は死に、唇はたるみ、
会話がとぎれとぎれに聞こえてくる。

ひとけの無い寒々とした古びた庭園で、
幽霊がふたり、昔を偲ぶ。

――ぼくたちの歓びを覚えているかい?
――どうしてあなたは、そんなことを思い出させたいの?

――ぼくの名前を聞くだけで、君の心はときめくかい?
ぼくの魂をいつも夢見るかい? ――いいえ。

――ああ、ぼくたちのキスの
至福の晴れやかな日々よ! ――そうね。

――空は青く、希望は大きく!
――希望は逃げ去ったわ、暗い空の方に。

そしてふたりはカラス麦の茂みの中へ歩いていった、
夜だけがふたりの会話を聞いていた。


翻訳者のひとりごと

 この詩「センチメンタルな会話 Colloque sentimental」は1869年に出版されたヴェルレーヌの詩集「艶なる宴 Fêtes Galantes」の最後に位置する詩です。いわば「宴」の結末、お話の締めくくりと言ったところでしょうか。タイトルの「艶なる宴」は、印象派の絵画などで、庭園のなかに集い、食事をしたり、戯れ合ったりしているブルジョワ男女の絵があります。あのイメージが私にはこの詩集のタイトルに一番近く思えます。そして、この詩はその締めくくりというわけです。
 ランボーは1870年8月に、イザンバール先生にあてた手紙の中でこの詩集を持っていると書いています。
 2001年12月に、ランボーとヴェルレーヌのパフォーマンス「Les Anges」を上演したときに、ヴェルレーヌ役の勝君がアンコールの演目として、この詩をフランス語朗読しました。そのときに参考として私が翻訳したものです。口語的な表現と、さめた女性としつこい男性の組み合わせが、今風で面白いと思いました。

2002年4月26日
門司 邦雄

back to index