Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー イリュミナスィオン

Angoisse

苦悩

 いつも打ち砕かれてきた野心を、「彼女」がおれに許すことができるのか、 ― 安楽な結末が貧苦の年月を償えるのか、 ― 成功の一日がおれたちを、宿命的無能力の恥辱の上で眠らせるのか、
 (おお、棕櫚よ! ダイヤモンドよ! ― 愛よ、力よ! ― あらゆる歓びと栄光より高く! ― あらゆる手段で、どこででも、 ― 悪魔、神、 ― この人間の「青春」。おれだ!)
 科学的魔法の出来事と社会的友愛の運動が基本的自由の漸進的復権として、どうして大切なんだ?…
 だが、おれたちを大人しくさせた「女吸血鬼」は、あいつがおれたちに残したもので楽しんでろ、さもなければ、おれたちはもっと滑稽になるだろうと、命令する。
 うんざりさせる空気と海の中を、傷だらけになるまで転がることだ。殺人の水と空気の沈黙の中を、罰を受けるまで転がることだ。凶暴にうねる沈黙の中を、あざ笑う拷問を受けるまで転がることだ。

フランス語テキスト

翻訳掲載:2001年11月28日


女吸血鬼

 この詩のタイトルの「苦悩」の実体は、最後の「転がること rouler 」という動詞の原形で書かれたことでしょう。。この「苦悩」の原因は、「彼女 Elle 」です。フランス語の場合、「彼女」は女性形の名詞を指し、必ずしも女の人を指しているとは限りません。この詩では「女吸血鬼」を指しています。また、タイトルの「苦悩 Angoisse 」も女性名詞です。
 この「彼女」は誰なのでしょうか。「地獄での一季節」の「永別(別れ)」の「女食屍鬼 goule 」と同じなのでしょうか。また、「イリュミナスィオン」の「首都の」の「彼女」とも同じなのでしょうか。
 「彼女」については、死、キリスト教、体制など様々な解釈があります。ランボーもひとつの言葉で表せない社会的圧力を「彼女」と表現したように思います。書かれた時期から考えると、「苦悩」の「彼女」はブリュッセル事件という「死」の体験をする前であり、「永別」の「彼女」はブリュッセル事件後に書かれ、人の死体を漁る「女食屍鬼」です。そして「首都の」の「彼女」は過去の記憶の中でさらに抽象化していったように見えます。「彼女」もランボーとともに変わって行ったとしても不思議ではないと思います。そして、何よりも、見者ランボーの自由、生命力を奪うこの「彼女」には、信心深く、とても厳しかった母親の影が投影されています。ランボーの母親は、彼の遺志に背いて、ランボーをシャルルヴィルの墓地に埋葬したそうです。科学による進歩も思想による社会運動も、否定的に捉えられています。
 なお、「おれたち」とは、ランボーとヴェルレーヌの見者夫婦、地獄の夫婦のことでしょう。

解説掲載:2001年11月28日

back to index