Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー イリュミナスィオン

Vagabonds

放浪者

 惨めな兄貴だ! なんと多くの無残な徹夜か、あいつのおかげで! 「おれはこの計画に熱心に身を入れていなかった。おれはあいつのひ弱さをもてあそんでいた。おれの過ちで、おれたちは追放され、奴隷の身分に逆戻りかもしれない。」 あいつは、おれを奇妙に不運で無垢な奴と思っていて、さらに不安な理由もいくつか付け加えた。
 おれは、いつもこの悪魔博士に冷笑しながら返事をしていたが、やがて、窓のところに行くのだった。おれは、奇妙な音楽のバンドが横切っていく田舎の向こうに、未来の夜の豪奢の幻を創造していた。
 なんとなく衛生的なあの気晴らしの後で、おれは藁マットに横たわるのだった。そして、ほとんど毎晩、眠ったとたん、哀れな兄貴は起き上がり、口は腐り、目玉は引き抜かれ、あいつはそんな夢を見ていたのだ! ― 馬鹿げた心配の妄想をわめきたてながら、おれを部屋に引っ張り出すのだった。
 おれは、実際、心から誠実に、太陽の息子の原始の状態に、あいつを戻す約束を引き受けていた、 ― そして、おれたちは、泉の酒を飲み、道々堅パンをかじり、さ迷っていた、おれ自身は、場所と方式を発見しようとあせっていた。

フランス語テキスト

翻訳掲載:2003年4月26日


衛生的な気晴らし

 タイトル「放浪者 Vagabonds (複数)」は、放浪者、浮浪者という意味です。最近では、英語読みのヴァガボンドが日本語化しています。この詩の原稿は「大都会(II)」と同じ紙に同じ筆跡で書かれています。この詩のモチーフが、ヴェルレーヌとランボーの放浪生活ということでは、多くの評家の意見が一致しています。ヴェルレーヌは1878年、シヤルル・ド・シヴリィへの手紙で「君も知っている御仁の「イリュミナスィオン」(彩色版画)と、ぼくが「悪魔的博士( Docteur satanique )」(これは本当ではないんだが)という身分で出てくる「地獄での一季節」を再読したが」と書いています(プレイヤッド版の解説より翻訳)。「地獄での一季節」の「序文」、「地獄の夜」、「不可能」で、ヴェルレーヌは「悪魔」「サタン(魔王)」と呼ばれています。この「放浪者」では「悪魔博士 satanique docteur 」と呼ばれています。
 この詩はヴェルレーヌとロンドンで生活していた頃の回想なのでしょう。「労働者」の過去形ヴァージョンでしょうか。「この計画」は、ランボーの見者プロジェクトと思われます。「バンド bandes (複数)」は、フランス語の「帯」と英語のバンド(楽団)の二重の意味に使っていると取られています。具体的には、麻薬による幻視・幻聴と考えられます。「衛生的なあの気晴らし」とは、同性愛の行為のことでしょう。「太陽の息子の原始の状態」が、具体的に何を意味するのか、多様な解釈があります。エジプト、インカの太陽神、プラトンの「饗宴」、原始宗教など、様々です。ここでは、初期詩編からの男性的要素としての「太陽」が考えられます。「太陽の息子」という表現は、音楽に秀でていて、若い男性の守護神でもあった古代ギリシアの神アポロンの息子、あるいは「イリュミナスィオン」の「古代の」に描かれた「牧神の息子」を連想します。「泉 cavarens (複数)」は、アルデンヌ地方の言葉で森の小さな泉(湧き水)のこととされています。「居酒屋 taverne 」と言葉を合わせて、水を「酒」と表現したのでしょう。次の「堅パン biscuit 」は、ビスケットの意味もありますから、悲惨な放浪生活を、ピクニック風に書き換えてみたのでしょうか。最後の「方式 formule 」には、「書式」「公式」などの意味もあります。詩の表現様式のことと思われます。
 今ではランボーとヴェルレーヌの、おそらくはロンドンでの放浪生活の資料となってしまったこの詩を、ランボーはどのような意図で書いたのでしょうか。見者プロジェクトの放棄の報告書として、過去の確認と離別のために書かれたように思えます。シニカルで醒めた語り口には、ヴェルレーヌに対する皮肉な仕返しが感じられます。ランボーは、ヴェルレーヌとの同棲時代の証拠として、この詩を書き、ヴェルレーヌに渡したのでしょうか。

解説掲載:2003年4月26日

back to index