Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー イリュミナスィオン

Vies

人生

I

 おお、聖地の大道、寺院の境内! おれに「格言の書」を説いてくれたバラモン僧はどうなったのか? あの時の、あの場所に、ばあさんたちさえ今でも見える! おれは思い出す、畑の手がおれの肩に置かれた大河に沿った銀と太陽の時を、コショウをまぶした野原に立ったおれたちの愛撫の時を。 ― 紅の鳩がいっせいに飛び立ち、おれの思索のまわりでとどろく ― ここに追放されて、おれはあらゆる文学の劇的傑作を演じる舞台を手に入れた。君たちに前代未聞の富を教えてやろう。おれは君たちの見つけた宝物の来歴を観察する。その結末も見える! おれの英知は混沌と同じように馬鹿にされている。だが、君たちを待ち受ける混迷に較べて、おれの虚無が何だというのだ?

II

 おれは、先立つ者全てより格別に功績のある発明家だ。愛の鍵のようなある物を発見した音楽家でもある。今では、質素な気風の厳しい田舎の貴族。物乞いをした少年時代、徒弟時代あるいは木靴での上京、口論、五、六回のやもめ暮らし、おれの優秀な頭脳のために仲間の調子には乗れなかった何回かの結婚式、こういう思い出で心をかき立てようと努めている。この厳しい田舎の質素な空気がおれの残酷な懐疑主義をどんどん育てているので、聖なる喜びにあふれたかつての役割に未練はない。だが、この懐疑主義もこれからは使えないし、おまけに新しい不安に身を捧げているのだから、 ― おれはひどく邪悪な気狂いになるのを待っている。

III

 12歳のときに閉じ込められた屋根裏部屋で、おれは世の中を知り、人間喜劇に挿絵を描いた。酒倉で歴史を学んだ。北のある都会の夜の祭りで、昔の画家が描いたあらゆる女と出会った。パリの古い裏通りで、古典諸学を教わった。全東洋に囲まれたすばらしい住まいの中で、巨大な作品を完成し、高名なる隠遁の時を過ごした。おれは己の血をかき回した。おれの義務が戻ってきた。こんなことを夢見てはならない。おれは、本当に墓の奥深くから来た。用事はない。

フランス語テキスト

翻訳掲載:2001年7月1日

 


ポワブレ

 タイトル「人生」は Vie の複数です。Vie は、人生、生活、生命という意味です。ここでは、「人生」と訳しました。原題が複数になっているのは、3篇からなっているからかも知れません。
 これらの詩は、内容的に「地獄での一季節(地獄の季節)」を書いたときのランボーの「生活」を書き留めたものでもあり、それぞれが彼の「人生」の縮図になっています。I から III に、よりクールに時間軸も長くなっています。
 I には、「ここに追放されて」という言葉があります。この追放されたときは1873年の4月あるいは7月にロッシュの実家に帰ったときが考えられます。5月には友人のドラエーへの手紙に「異教徒の書あるいは黒人の書」という「地獄での一季節」の前身に当たる作品に取りかかっていることを書いています。しかし、「紅の鳩」などブリュッセル事件を暗示する言葉があることと、後半の挑むような口調からブリュッセル事件後と思われます。最初の部分はシャルルヴィルに戻ったときの印象と思われます。「ああ、シャルルヴィルの並木道、学校の校庭! ぼくに新しい文学を教えてくれた先生(イザンバール)はいかがお過ごしだろうか?」という内容を、インドの聖地に戻った修行僧にたとえて描いています。「格言の書 les Proverbe 」と訳しましたが、旧約聖書の「箴言」のことを指していると考えられます。「劇的傑作」は「地獄での一季節」のことでしょう。「君たち」はランボーの出会ったパリの文壇の詩人、作家を指しているのでしょう。 I は「地獄での一季節」を書き始めたときに書かれたと思われます。なお、「コショウをまぶした(ポワブレ poivrees )野原」は、フランスのチーズやサラミのポワブレのような、荒くゴツゴツして痩せた農地をインド風にイメージしているのでしょう。
 II は、ロッシュの納屋にこもって「地獄での一季節」を書いていた時に書かれたものと思われます。最初の発明家は「イリュミナスィオン」の、音楽家は後期韻文詩篇の作者としての自負を示していると思われます。懐疑主義は「地獄での一季節」のテーマです。そして、「新しい不安」とは、これからの文学ではなく現実の人生を生きることの不安のことでしょう。新しい( nouveaux )をジェルマン・ヌーヴォーのヌーヴォーとダブらせて解釈する評論家もいますが、この詩の時点では、まだそこまで意味を付けなくて良いと思います。
 III は、すでに「地獄での一季節」を書き終えてから書かれたものと思われます。「己の血をかき回した」は「地獄での一季節」の「悪い血筋」などを連想させます。「おれの義務が戻ってきた」とは「地獄での一季節」の最後の「永別(別れ)」の「捜し求めるべき義務」のことでしょう。最後の「墓の奥底から来た」は、「墓の彼方から来た」と訳されていますが、彼方という言葉か水平の広がりを連想させるので、あえて「奥底から」と訳しました。ランボーは「地獄」からよみがえりました。地獄は「見者」であり「文学」であり「同性愛」でした。「用事( commissions )はない」の「用事」は、文学の世界に対しての言葉だと思われます。この「用事」は、「安売り Solde 」でも使用されています。

解説掲載:2001年7月1日

back to index