Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー 初期詩編

Rêvé Pour l'hiver.

                                「xxxさん」に

冬を夢見て

冬になったら、青いクッションの
 バラ色の小さな客車に乗ろうね。
ぼくらは夢中さ。柔らかい隅っこは
 どこでも熱いキスの巣さ。

君は目を閉じるんだ、夕闇の物影が、
 黒い悪魔と黒い狼の手下の
あの怖いお化けのしかめっ面が
 窓ガラスから見えないように。

すると君のホッペがチクッとして…
かわいいキスが、気違いクモみたいに
 君の首を追いかける…

で、首をかしげて、ぼくに言うのさ、「見つけて!」って、
―  それから、ぼくらはこの虫を探して過ごすんだ
 ―  だって、虫はどんどん逃げるから…

アルチュール・ランボー

車中にて、1870年10月7日

フランス語テキスト

翻訳掲載:2002年11月18日


キスの巣

 タイトルの「冬を夢見て」は、直訳すれば「冬のために夢を見た」となります。C.ジャンコラは、Pour が大文字であり、Pour hiver(冬のため、冬用)というタイトルでまず書かれ、次に「夢見た Reve(過去分詞)」を付けたと取っています。宇佐美斉は、Reve pour を…に理想的なという慣用句と取っています。つまり、reve は ideal(理想的、ふさわしい)という形容詞となります。「冬の楽しみ」と訳しています。私は、客車に乗りながら冬になったら…という夢想をしたという意味と考え、今までの翻訳タイトルにもある「夢見て」と訳しました。献辞はA xxx Elleとなっています。Elle は彼女という代名詞ですが、具体的な彼女を指しているのかは分かりません。
 この詩には、日付が入っています。ランボーは1870年10月に2回目の家出をしましたが、このときの汽車旅行中に書かれた詩とされます。ランボーは清書した詩をドムニーに渡しましたが(Recueil Demeny)、この詩は2冊目の詩帳(Second Cahier)に収められていました。普仏戦争が起こり、学校から解放され、新聞記者になろうとしていたランボーの、自由気ままで、お茶目でお洒落な印象さえ感じられる詩です。

訳注掲載:2002年11月18日、2003年7月10日

back to index