Banner of Rimbaud.KunioMonji.com
anglais  マップ  ホーム


ランボー 地獄での一季節

Nuit de l'enfer

地獄の夜 (注1)

 おれは悪名高い毒を一息に飲み下した(注2)。 ― おれが聞いた忠告に三たび祝福あれ! ― 内臓が焼けている。猛毒に手足は引きつり、体はねじ曲がり、おれは地面にぶっ倒れる。のどが渇いて死にそうだ。息がつまる、叫び声も出ない。こいつが地獄だ。永遠の責め苦だ! 見ろ、火がまた燃え上がるぞ! おれは見事に焼けているぞ。どうだ、悪魔め(注3)
 善と幸福への改心を、つまり救いを、おれは垣間見たことがあった(注4)。あの幻を今でも描けるのか、地獄の風は賛美歌を吹き鳴らしたりはしないのだ! あれは数知れぬ魅惑的な人々、甘美なる宗教音楽、力と平和、高貴なる野心、その他いろいろだ。
 高貴なる野心か!
 おまけに、これでもまだこの世だ! ― もし、地獄の罰が永遠ならば! 自分を切り刻みたい男は、充分に地獄堕ちだ、そうだろう? われ地獄にありと信ず、故にわれ地獄にあり(注5)。これは教理問答の実践だ。おれは己の洗礼の奴隷だ。両親よ、あんたらはおれの不幸を作った、あんたらの不幸も作った。かわいそうな無垢なぼくさ! ― 異教徒だったら地獄も襲って来れないのに(注6)
 ― これでも、まだこの世さ! ゆくゆくは、地獄堕ちの悦楽がさらに深まることだろう。罪を犯すんだ、さあ早く。人間の法律によって、おれが虚無に落ちるために。
 黙れ、黙るんだ!… 辱めるのか、非難するのか、ここで:(注7)火は下劣だ、おまえの怒りは恐ろしく馬鹿げていると言うのはサタンだ。 ― うんざりだ!… おれに吹き込まれた誤ち、魔法、インチキ香料、幼稚な音楽(注8)。 ― おまけに、おれが真理をつかみ、正義が判ると言うんだから(注9):おれは健全にして揺るぎない判断力を持ち、完成への準備ができているんだと… 買いかぶりだよ。 頭の皮が乾いてゆく。 憐れみを! 主よ、 怖いのです。 喉が渇きました、 からからです!  ああ、 子供の頃よ、草よ、 雨よ、 石の水底の湖よ、 「鐘楼が12時を打つときの月の光よ」(注10)…その時には、 悪魔が鐘楼にいる。 マリア様! 聖処女様!… ― おれの愚かさがおぞましい。
 おや、あそこにいるのは誠実な魂たちではないのか、おれのためを思ってくれる…。来ておくれ…。口のところに枕があって、あの魂たちにはおれの言葉が聞こえないのだ、あれは幽霊なんだ。それに、誰も他人のことなど決して考えはしない。近寄らないでおくれ。おれは焦げ臭いぞ、これは確かだ。
 幻覚は数え切れない。これこそ正に、おれがいつも持っていたものだ:歴史も信じてないし、原理も忘れた。(注11) 幻覚のことは話さないのだ:詩人や幻想家が妬むからな。おれはもっとも豊かな者の千倍も豊かなのだ。海のように、けちになるんだ。
 ああ、そうか! 命の時計は少し前に止まったんだ。おれはもうこの世にはいないんだ。神学は信頼できる。地獄は確かに「下に」ある ― 天国は上に。 ― 炎の巣の中での恍惚と悪夢と眠り。
 ああ、そうか! 命の時計は少し前に止まったんだ。おれはもうこの世にはいないんだ。神学は信頼できる。地獄は確かに「下に」ある ― 天国は上に。 ― 炎の巣の中での恍惚と悪夢と眠り。
 畑の中を注視すれば、何と多くの悪意(注12)がひそんでいることか… サタンのフェルディナン(注13)が野生の種子を持って走っている… イエスは緋色の茨の上を枝もたわめずに歩いてゆく…。イエスはかって荒れた湖の上を歩いていた(注14)。ランタン(注15)が、エメラルド色の波の脇腹に、白い姿で茶色の髪を編んでまっすぐに立っているイエスの姿を照らし出した…
 あらゆる神秘を明かしましょう。宗教の神秘も、自然の神秘も、死、誕生、未来、過去、宇宙の進化、虚無。私は魔術幻灯(注16)の大家なのです。
 聞いてください!…
 私にはあらゆる才能があるのです! ― ここには誰もいないのに、誰かいます(注17)。だから私は自分の宝をばら撒きたくはないのです。 ― お望みは、黒人の歌ですか、イスラム教の天女(注18)の舞ですか? 姿を消して欲しいのですか、「指輪」を捜しに水に潜って欲しいのですか(注19)? お望みとあれば、黄金も作りましょう、薬も作りましょう。
 だから、私を信じなさい。信仰は心を軽くし、導き、癒すのです。みんな、おいで、 ― 幼い子どもたちも ― 私はあなたがたを慰めたいのです。あなたがたのために心を広めたいのです、 ― この素晴らしい心を!  ― かわいそうな(注20)人々、労働者よ! 私は祈りは要求しません。あなたがたが信頼さえしてくれれば、私は幸せになるのです。
 ― さて、己のことを考えよう。そうしたところで、この世が懐かしくなることもほとんど無いが。これ以上苦しまなくてよいとは運がいい。おれの人生は心地よい狂気でしかなかった、そいつが悔やまれる。
 なあに! 思いつく限りの百面相をしてやろう。
 確かに、おれたちはこの世の外にいる。何の音もしない。触れるもの(注21)もない。ああ! おれの城、おれのザクセン(注22)、おれの柳の林。数々の夕べ、朝、夜、昼… おれは疲れた!
 怒りのために地獄を、傲慢のために地獄を、 ― さらに愛撫のために地獄を、おれは持たねばならないだろう。これでは地獄の合奏だ。
 おれは疲れ果てて死にそうだ。これは墓場だ、おれはうじ虫に食いつくされるのだ、怖い、どうしようもなく怖い! サタンよ、おどけ者よ、おまえの魅力で、おれを溶かしたいのだな。異議あり。さあ、やってくれ!熊手(注23)の一撃、火のひとしずく。
 ああ! この世にまた登るのだ! おれたちの醜さに目を向けるのだ。さらに、この毒、この限りなく呪われた口づけ(注24)に! おれの弱さ、世の中の残酷さに! 神よ、哀れみを、私をかくまってください。私はあまりにも乱れています(注25)!  ― おれは隠されている、いや、隠されていない。
 火が、堕地獄の男とともにまた燃え上がる。

フランス語テキスト


注1) 「にせ回心 Fausse Conversion 」というタイトルで草稿が残されています。
注2) この毒については様々な解釈がありますが、詩の内容と草稿のタイトルからキリスト教と解釈しています。ランボーはキリスト教の毒を洗礼の時だけではなく、見者の実践により陥った状況から抜け出すために、もう一度飲み直したように思えます。
注3) この「地獄の夜」の悪魔あるいはサタン(魔王)は、ヴェルレーヌの姿で現れます。
注4) この言葉は、「地獄での一季節」の「*****」の「愛がその鍵だ」という言葉と対応していると考えられます。
注5) デカルトの「方法序説」の「我思う、ゆえに我あり」のパロディーです。
注6) 神、キリストが存在するから、地獄も存在するという考えです。異教徒であればキリスト教の神は存在しないので、地獄も存在しないという意味でしょう。「朝」にも「あの人の子が扉を開けた、いにしえのあの地獄」とあります。
注7) 2文がコロン( : )で結び付けられています。読点( 。)にしてしまうと文意の対応が見えなくなり、後の文頭に説明や繰返しを入れると原詩の緊張感が薄れると考えて、コロン( : )のままにしました。この詩に多用されているスタイルです。
注8) ヴェルレーヌの詩法と、その影響のことでしょう。
注9) Et dire que...! で、…というんだから(驚き、憤慨)を表します。コロン( : )以下の文にも掛かっているととりました。コロン以下に掛からない、つまりランボー自身の言葉ととれば、締めくくりは、傲慢だ、思い上がりだになります。
注10 この部分は原詩ではイタリック体で、アレクサンドラン(12音綴)の韻文詩です。ヴェルレーヌの Palallelement (平行して、一緒に)という詩集の Lune (月)の章のⅠの詩の最終行と同じです。韻文詩のスタイルであることから、この部分はヴェルレーヌの詩からの引用と考えられます。しかし、ヴェルレーヌが実際に書いた時期が不明なこともあり、ランボーの詩句をヴェルレーヌが引用したととる評家もいます。
注11 見者の詩法によって幻覚を自在に見れたことと、その結果、歴史、原理などの認識が失われたという意味でしょう。
注12 malice は、今ではからかいの意味で使われますが、ここではやや古語の悪意の意味と思われます。悪意、つまり野に潜む悪意の幻覚は、サタンのフェルデイナンであり、イエス・キリストでもあるのでしょう。
注13) 友人のドラエーによれば、ランボーの故郷アルデンヌ県ヴォージェ地方の農民が悪魔に付けた名前だそうです。
注14) 荒れた湖 eaux irrites は、文字通り直訳すれば苛立った水となります。湖ではなく波という訳もあります。聖書にはイエスが湖の上を歩く奇跡が書かれています。マルコによる福音書第6章には「弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。」(新共同訳聖書)とあります。同様の記述が、マタイによる福音書、ヨハネによる福音書にも見られます。フランス語の聖書 La Bible de Jerusalem では、「湖の上を歩く」という見出しのところは eaux ですが、文中は海にあたる mer です。この湖はガリラヤ湖で、(濃度の低い)塩水湖なのですが、そのため mer と表現されたのかは、分かりません。なお、日本聖書教会の1955年版の聖書では mer は海と訳されています。
注15) ランタンは魔術幻灯(ファンタスマゴリー)を映し出す装置です。
注16) 魔術幻灯(ファンタスマゴリー)fantasmagorie は、暗い室内で幻灯を使用し、夢幻的な情景を映し出す幻灯、幻灯劇のことです。18世紀末に発明され、19世紀に流行しました。映画の前身でもあります。ここでは見者の詩法による神秘的な映像体験、幻覚のことを意味しています。自分は悪魔的、山師的、幻術の大家なのだという、自嘲的な自己認識も含まれていると思われます。
注17) 誰か quelq'un いるは、神あるいはキリストの存在を暗示していると思われます。ランボーが神に密告する存在に見張られていると読みました。「『見よ、ここにメシアがいる』、『いや、ここだ』と言う者がいても、信じてはならない。」(マタイによる福音書第24章、新共同訳聖書、フランス語の聖書ではメシアは le Christ となっています。)等の聖書の言葉が反映しているように思われます。
注18) houris (複数)は、イスラム教のコーランが熱心な信徒に約束している天国の美女のこと。
注19) 「指輪」は中世ドイツの英雄叙事詩「ニーベルンゲン Das Nibelungenlied 」の指輪、魔法の力を持った指輪のことと言われます。
注20) pauvre は、名詞の前にきているので、かわいそうな、哀れなの意味です。始め、貧しいと訳しましたが、この場合 pauvre は名詞の後に来るので、改めました。後の労働者(複数)と同格になっているととりました。
注21) tact には、機知という意味もあり、篠沢秀夫はこちらの意味にとっています。
注22) ドイツ南東部サクソニア地方。
注23) 悪魔が持っている二又あるいは三又の熊手。
注24) 悪魔であるヴェルレーヌとの同性愛のことでしょう。前のおれたちの醜さという言葉も同性愛関係を暗示しています。
注25) se tenir bien で行儀が良い、se tenir mal で行儀が悪いという慣用句ですが、ここでは内容的に乱れていると訳しました。

翻訳・注掲載:2001年8月3日、2006年3月14日、29日更新

back to index